川崎蒲田散歩編


春まだ遠き二月末日、蒲田の友人氏と初めて川崎競馬場訪問。中央交流の重賞「エンプレス杯」を楽しみに。兎も角綺麗で清潔、又場内も広く女性客が多いのに驚く。世界一といわれるターフビジョンは見やすく圧巻である。

メインレース前の有名人予想トークショー、浜の番長・三浦大輔氏と名前忘れたタレント嬢。番長予想は偶然にも自分と同じ一番・横山騎手騎乗JRA馬対抗も同じで二番人気のJRA馬。

レースは横山騎手三番手追走から余裕の差し切り勝ち、二着も先行した人気馬が粘り入選。馬連ゲット。中央の名だたる騎手、福永さん、戸崎さんもパドックで対面。トークショー2人の推薦馬が三頭とも一着から三着独占。

二階のスタンド自由席から観戦、ガラス張りで暖かく後ろの御老婦お二人は昼寝タイム。食べ物屋も多く、おでんを食べたがダシの美味しく絶品。次訪問時も食べたいと思う。川崎競馬場名物の暖簾ある、ヤキソバ屋も気になる。馬券売り場も多く、兎も角快適で、レディースとアベック専用席など、明るい雰囲気は地方競馬場のイメージを一新させた。

帰りは蒲田で途中下車、西口の「鳥万」発訪問。輝く昭和の居酒屋、メニューの豊富さ多分都内一、中高年でほぼ夕方満席。友人氏お勧めの鳥つくねはボリュウム・味とも最高。

 

友と来て つくねと語る 蒲田かな

桃色忍者

,

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です