門前仲町 深川散歩

春まだ遠い三月の初め、旧友の飲み友四人で門前仲町を訪れる。待ち合わせ時間早いので、まず地名謂れの富岡八幡宮と深川お不動様にお参り。
富岡八幡宮には歴代横綱の力士碑があり、江戸時代から貴乃花までの横綱の名前が刻まれている。江戸時代に当境内で大相撲の興業が行われていたと、碑は云う。
お盆の夏祭りは有名。好きな作家、山本一力氏の小説舞台は此処であり、祭りをテーマの作品も多い。兎も角、「矜持」と「心意気」が氏の作品の主題であり、深川の人情の底流である。
門前仲町駅近くの有名店「魚三」に並ぶ事30分。四時前で約50人の中高年が列を作り、逸る心を抑えて店内に。三人以上は三階。
操業昭和22年、もともと魚屋さんなので、兎も角刺身が超安い。しかも新鮮かつ量も多い。人数多い時は刺し盛でとの店員嬢のお勧めに従う。値段と種類と量に圧倒される。
酒は東京、金亀の5合徳利。50円のアラニも美味い。海老フライは5尾。夕方5時には全館超満員。
1,2階はお一人かお二人さん専用。お母さんとお姉さんのきついお叱りも人気メニュの一つである。

金亀や こはだも微笑む 深情け

桃色忍者

,

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です